住まいの快適プラン

エッセイ

賃貸物件を取得し運営するためには、様々な情報に基づいた判断が要求されます。
ここでは、ある程度専門的な情報を提供いたします。

「自分年金」を作るためにサラリーマンをやりながら賃貸経営に参入する方、物件を相続したために参入する方、元々から行っていた方など、さまざまな方がこのウェブサイトをご覧になるかと思います。物件をどのように選択するか、今後の経営環境はどうか、リフォームなどの新しいやり方はないか、資金調達はどうすれば良いかなど、賃貸経営のさまざまな側面についてのレポートをご提供します。主にファイナンシャルプランナー(FP)の人たちに執筆をお願いしています。

 

住宅に関する支出はGDPの大きな部分です。政府はさまざまな政策を行って、国民の住環境の整備や、景気対策、福祉を行います。また、公的な賃貸住宅の供給は、賃貸経営を行う際に競争相手となることがあります。また、税制や相続の制度は、賃貸経営に直接間接に影響を与えます。これらについて、専門家(弁護士、税理士、ファイナンシャルプランナーなど)によるレポートをご覧ください

 

「エイブル観測」とは、当社がオーナーさまにアンケート調査を実施し、居住用不動産賃貸事業に関する景気の現状と先行き感を、実況判断指数(DI)を用いて公表する「賃貸市場観測調査」です。毎年5月・11月の2回実施しております。

 

ページトップへ戻る